FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TBSテレビ「被取締役(取り締まられ役)社員」

2008年3月31日(月) 雨のち晴
午後9時からTBSテレビ「被取締役(取り締まられ役)新入社員」視聴。採用試験で最も成績の悪かった若者が、意外にも(役員待遇で)「合格」、仕事の内容は「ヘマをすること」「チームに迷惑をかけること」だという。会長のもくろみでは、自分のことばかり考えて連帯しようとしない(お互いに足を引っ張り合っている)「課員」たちの中に「超一流のダメ人間」を入れれば、まず①課員の「自尊心」が満たされる、②「課」の名誉のために「ヘマ」「ミス」を修復しようとする、③その結果、本当のチームワークが生まれるのではないか、ということであった。入社当日から、若者は「ヘマ」を繰り返し、課員たちは「てんやわんや」の有様で、その対応に追われる。事態は、会長の思惑通りに展開、その「ヘマ」が「怪我の功名」になる「おまけ」もあって、「課」の業績は、うなぎ昇りに向上した。「課」(チーム)は、「いじめ撲滅・教育広告」のコンテストに応募、若者の体験をヒントにした「いじめられっ子、世にはばかる」というキャッチコピーを考案、自信満々で会場に臨んだが、またまた、若者の「ヘマ」で落選、チームの努力は水泡に帰した。若者は耐えられず辞表を出すが、課員のまなざしはどこか温かい。会長の評価によれば、「課」のチームワークは盤石になり、もう心配ないという。そしてつぶやく。「君は超一流のダメ人間だが、そのダメがチームワークを育てたのだから、チームワーク以上の『価値』があるのではないだろうか」あいさつを終えて退社する若者に向かい、「君は我が社にとってまだまだ必要、今度は他の課(名古屋)に行って『もうひと働き』してもらう」と、宣った。困惑する若者、とまどいながら名古屋の社屋に入ろうとする場面でエンディング・・・。
 ドラマの眼目は「いじめられっ子、世にはばかる」というキャッチコピー、「ダメというところに『価値』がある」という理念であろう。競争社会の勝者は、敗者の存在を前提にしている。敗者がいなければ、勝者は存在できないのだ。つまり勝者にとって、敗者は「必要不可欠」な「価値」をもっていることになる。とはいえ、その「価値」が「かけがえのないもの」として評価されることは稀有である。それゆえ、このドラマもまた稀有な作物として評価されてよい、と私は思った。

被取締役 新入社員 [DVD]被取締役 新入社員 [DVD]
(2008/09/24)
森山未來、陣内孝則 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 その他日記ブログ 60代以上 日々のできごとへ




コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク


リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

冬蜂紀行

Author:冬蜂紀行
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。