FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「劇団武る」(座長・三条すすむ)の「おさん徳兵衛」は出色!

2008年2月2日(土)晴のち小雨
 午後5時から、浅草木馬館で大衆演劇観劇。「劇団武る」(座長・三条すすむ)、座長を筆頭に、座員は指導・勝次郎、副座長・藤千乃丞、女優・月城小夜子(元・松竹新喜劇)といった「実力者」が舞台を引き締めている。芝居の外題は「おさん徳兵衛」、大衆演劇の定番、「実力者」たちで主役・脇役を固め、安心して観ることができた。特に、座長の「お菰」役は絶品で、「あわれさ」と「あかるさ」(滑稽)を両立させる「上品」な雰囲気が舞台に漂っていた。「舞踊ショー」も、座長の「命くれない」「ああ、いい女」、副座長・藤千乃丞の「ある女の詩」等、女形舞踊が素晴らしく、印象に残る舞台であった。それに比べて、やや「立ち役」(男踊り)が単調、「色香」に欠けるので、指導・ショウジロウの「奥飛騨慕情」(これは伝統的至芸といえる逸品であった)を目指して、さらなる精進を期待したい。思うに、座長・三条すすむの持ち味は、「女形」の方にあるのではないか。古くは辻野耕輔、若葉しげる、近くは市川千太郎の方向性と軌を一にしながら、「里見要次郎」風ではない女形、たとえば「藤純子」的な風情を極めれば、大成するだろう。
 舞台全体を通して、惜しむらくは、やはり「音響効果」である。舞踊音楽のボリュームが大きすぎる。現在の音量を100とすれば、70程度に絞るべきである。せっかくの舞台が、大きすぎる音響によって「台無し」になってしまうことが残念でたまらない。

にほんブログ村 その他日記ブログ 60代以上 日々のできごとへ




VHSビデオ 唄と踊り 振りつき音多ビデオ 2巻組 OV-1 (カセットテープ付)VHSビデオ 唄と踊り 振りつき音多ビデオ 2巻組 OV-1 (カセットテープ付)
(2007/01/25)
不明

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク


リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

冬蜂紀行

Author:冬蜂紀行
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。