FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名人・大川龍昇と二代目・恋川純

2008年10月17日(金) 晴

 昨日、今日の二日間、浅草木馬館で大衆演劇観劇。「劇団竜之助」(座長・大川竜之助)。10月公演の後半(16日から26日まで)、座長の長兄である大川龍昇が応援に来た。大川龍昇は父である初代・大川竜之助から二代目座長を受け継ぎ、それを三代目・現座長に譲って、現在は末弟の椿裕二とともに「劇団大川」を率いている。応援の初日、座長は龍昇に芝居出演を依頼したが、「自分のできる芝居はない」と拒絶し、木馬館での初舞台(?)は舞踊のみとなった。演目は「悲しい酒」をあんこにした「独り寝の子守歌」(唄・美空ひばり)の女形舞踊と、立ち役、「度胸千両入り」の「無法松の一生」(唄・村田英雄)。なるほど、応援の初日、龍昇が「自分のできる芝居はない」と断った理由がよくわかった。この二つの舞踊は、二本の芝居に匹敵する出来映え、「歌は三分間のドラマ」というが、まさに龍昇の「一人舞台」(独壇場)、私自身は当日の芝居「宝子供」を含めて三本の芝居を見聞したような「充実感」を味わうことができたのである。龍昇は、まず一人で舞台に立つことによって、木馬館の客層・客筋を「観察」したのだろう。名人とはこのような役者のことを言うのだと、私は思う。女形舞踊、「独り寝の子守歌」ワンコーラス目は「やや無表情に」「淡々と」、あんこの「悲しい酒」で「思い入れたっぷり」に、美空ひばりを「彷彿とさせる」景色で、ラスト「独り寝の子守歌」に戻ったとたんに、別人(例えば加藤登紀子)のイメージで、かすかな笑みを浮かべながら踊る風情は、どこか杉村春子もどきで、ただものではない「実力」を感じさせるのに十分であった。打ってかわって「無法松の一生」は、どこまでも男臭く、〈泣くな、嘆くな男じゃないか、どうせ実らぬ恋じゃもの〉という村田英雄の「説得」を全身に受けて、ふっと力を抜く風情が、たまらなく魅力的ではあった。私が初めて大川龍昇を観たのは、大阪・オーエス劇場。その時の雰囲気、大阪の空気を「そのまま」もってきたような舞台で、「元気をもらう」だけでなく「思わず嬉しくなってしまう」お土産をもらって、帰路についた。                                      観劇二日目の今日は、「恋川純弥劇団」の、二代目・恋川純(17歳)がゲスト出演、座長・大川竜之助、名人・大川龍昇と「肩を並べて」堂々の舞台を務めたことは素晴らしい。舞踊ショーでは、初々しい股旅姿で「一本刀土俵入り」(唄・島津亜矢)を演じたが、まさに「はまり役」、(横綱になる)夢を果たせなかった「無念さ」「すまなさ」を漂わせながら、「せめてもの・・・土俵入りでござんす」という思い入れは、十分に描出できていたと思う。よかった。
にほんブログ村 その他日記ブログ 60代以上 日々のできごとへ





現在の閲覧者数:

村田英雄全曲集村田英雄全曲集
(2006/03/22)
村田英雄、コロムビア女声合唱団 他

商品詳細を見る


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク


リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

冬蜂紀行

Author:冬蜂紀行
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。