FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団塊世代の「老醜」

2008年9月1日(月) 晴
 7月中旬以降、「断続的」に綴ってきたこの日誌も、再び「連続的」に綴ることができそうである。とはいえ、そのことに価値があるとは思えない。「連続的」に綴れば綴るほど駄文(反故)の山が増えるだけである。ただ、これまでに5個のブログを作成したので、綴った駄文は、それぞれのカテゴリー別に(恥も外聞もなく)「投稿」してしまえばよいということもできる。全く無責任な話である。せめて、なんとか、様になる作物をと、もがきつつ、いたずらに時間ばかりが過ぎていく。そうだ、もう時間がなかったのだ。六十余年に亘った私の人生も、もうじき(五年以内に)終わるだろう。そのことで「残念」「心残り」という気持ちは全くない。やり残したこと、「未練」は皆無、はやく臨終の時がこないかと、待ちわびている毎日ではある。
 ところで、(私自身もその一人であることは間違いないが)「団塊世代」が巷間にあふれ出した。定年退職し「第二の人生」とやらを模索している様子だが、何ともかとも、その姿は見苦しい。「もうやり終えた」「あとは好きにさせてもらう」という「思い上がり」が見え見えで、好きなことなど「見つけられない」くせに、「悠々自適」(もどき)ぶっている容貌が「鼻持ちならない」。しかし、それこそ鏡に映った「自分の姿」なのだと思う。まさに「人の振り見て我が振り直せ」という教訓をかみしめなければならない時が来たようである。
にほんブログ村 その他日記ブログ 60代以上 日々のできごとへ




老醜の記 (文春文庫)老醜の記 (文春文庫)
(2010/02/10)
勝目 梓

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

団塊世代

こんにちは!
団塊世代と団塊ジュニアさまの記事をみています。
とても充実した内容で参考にしたいと思います。
また、遊びに来ます。
スポンサードリンク


リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

冬蜂紀行

Author:冬蜂紀行
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。