FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケ・セ・ラ・セ・ラ

2008年7月1日(火) 晴(梅雨の晴れ間)
 この日誌を綴り始めて、半年が過ぎた。読書、作文、旅行が「生活」の大半を占めている。第三者から見れば、「たいそう贅沢で幸せな生活」を過ごしているように思われるだろう。「おっしゃる通り」、私は「幸せ」でなければならない。「幸せ」なはずだ。しかし、それを実感できない。煩悩が邪魔をするからである。つねに「もっと何かあるはずだ」と感じる「欲」が生じるからである。「分をわきまえる」「身の程を知る」「知足」といった観念が不足していることは明らかだ。
 「文は人なり」という諺は真実だと思う。この日誌を読めば「一目瞭然」、私自身の「未熟さ」「低俗さ」「高慢さ」「奢り」を露出しているだけで、何の価値もない。唯一、何かがあるとすれば、「あれくらいのことなら、だれでも書ける。自分も綴ってみようか」という「動機付け」くらいにはなるかも知れない、という程度であろう。「継続は力なり」という文句もあるが、私の場合、この作文を「継続しても力にならない」ことは間違いない。継続すべきか、中止すべきか、またまた「迷う」という煩悩が生じる。「他人に迷惑をかけるか、否か」という観点から判断すれば、中止した方がいいに決まっている。では、もうやめようか。しかし、それは、私にとって断煙をやめることに等しい、「意地」の問題なのである。
 いずれにせよ、「第二の人生」は、奈落に向かって「階段を降りていく」ようなもの、「立つ鳥跡を濁さず」でいくか「旅の恥はかき捨て」でいくか、「運を天に任せる」ことにしよう。「明日は明日の風が吹く」、ケセラセラ・・・。
<STAR BOX>ドリス・デイ<STAR BOX>ドリス・デイ
(2003/07/24)
ドリス・デイ

商品詳細を見る

にほんブログ村 その他日記ブログ 60代以上 日々のできごとへ





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ケ・セ・ラ・セ・ラ】

2008年7月1日(火) 晴(梅雨の晴れ間) この日誌を綴り始めて、半年が過ぎた。読書、作文、旅行が「生活」の大半を占めている。第三者から見れば、「たいそう贅沢で幸せな...

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク


リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

冬蜂紀行

Author:冬蜂紀行
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。